南仏紀行-7 モナコ大聖堂

バスは岩盤内の駐車場へ。エスカレーター、エレベーターと乗り継いで六〇メートル程の崖の上に出る。(33頁) --- 海洋博物館前に置かれた玩具のような観光列車や深海探査艇も興味深いが、道なりに現れた白亜の大聖堂が素晴らしい。創建一八七五年のロマネスク…

南仏紀行-6 エズ

城として機能していた時代にも、この同じ景色が拡がっていたのだと思うと、ロマンを感じる。季節が早いので紺碧の海とはならないが、砂浜から沖合の島々まで、海の濃淡が五色、空も加えれば色と光のバリエーションは十色以上だろうか、こんな優しい青色の変…

南仏紀行-5 カンヌ

2006年3月5日(日) 目覚めると舗道が濡れている。部屋から見る南仏カンヌ郊外のジョンクエール通りに建つ家は赤い屋根に白い壁、フランス式窓で椰子の木が茂っている。しばらくすると一階部分に明かりが灯り、パジャマ姿のシルエットが浮かんだ。台所で朝食を…

南仏紀行-4 スキポール空港

機内の楽しみは食事の他に、家族や隣り合わせた客同士の世間話と思うが、個別に小さな画面を見ている人達は閉ざされたままである。(19頁) 突然、地上の振動が身体に伝わってきた。十五時〇七分、アムステルダム、スキポール空港に着陸。(20頁) ニースに向か…

南仏紀行-3 シベリア上空

しばらくして、フライト・トレーディングを見ると(十六時四二分)シベリア上空の表示。高度一〇、六六八メートル、外気温マイナス五八度、飛行速度は時速八五七キロメートル。エコノミークラス症候群が恐いので、後方のトイレ・スペースをうろうろ。窓から地…

南仏紀行-2 関西国際空港

2006年3月4日(土) わたしは助手席に座り前方を見ている。夜明け前の街は暗く、信号の色が溶けている。しばらくすると京都タワーの辺りから東の空が淡い青色に変化し始めた。寒い朝である。(10頁) 売店は小さくなったが、透明性と連続性の原理でもたらされた…

南仏紀行-1 『青い言葉と黒い文字』銀紙書房 2006年

『青い言葉と黒い文字』銀紙書房 2006年 限定8部 箱入り上製本 21.5×14.7cm pp.178 --- 家人と欧州へ旅行したいと願っているが、コロナ禍終息の兆しがみえなく我慢の日々を過ごしている。幸い時間だけは十二分に持ち合わせているので、15年前に銀紙書房から…

Where are we ?

1997.3.14-17 関空16:25発の全日空111便でシンガポール着22:05、アジア特有の熱気と匂いの記憶。翌日の夜にはセントーサ島にも行きました。光と噴水に包まれた特大マーライオンに驚いて見学していたら遅くなって、島からの戻りやタクシーに乗るのが大変、異…

1997 ソウルでブラパチ - 5

--- 徳寿宮大漢門 --- --- 学生街のARTINUS書店でチャールズ・ヘンリー・フォードの「View: Parade of the Avant-Garde An Anthology of View Magazine 」(1991)を購入。ソウルでブラパチの良い記念になりました。

1997 ソウルでブラパチ - 4

1997 ソウルでブラパチ - 3

1997 ソウルでブラパチ - 2

仁寺洞 骨董品街 --- 書店巡り、画廊巡りでブラパチですな

1997 ソウルでブラパチ - 1

23年前のDIS社員旅行。「同じ釜の飯を食う」二泊三日、良い時代ですな。 --- 龍山区梨泰院 ハミルトンホテルより

ハワイ観光 ホノルル美術館

1997.7.19 ホノルル美術館 Honolulu Museum of ART 900 South Beretania Street Honolulu, Hawai'i USA --- ショッピング・モール突撃の家人たちと別れ美術館へとブラパチ。ここは1927年4月開館、コレクションは50,000点以上。日本やハワイに関するものもあ…

ハワイ観光 アラモアナ辺り

1997.7.20 マウイ島 ワード・アベニュー --- 写真では暑そうですが、貿易風で爽やかだった記憶。

ハワイ観光 ハワイ島・マウイ島

1997.7.17-18 --- ハワイ島ヒロ ハワイアンホテル --- --- マウイ島 シュガートレイン ラハイナ〜プウコイリ間 約9キロ 所要30分 (ネット情報によると、現在は営業されていない)

ハワイ観光 ハワイ島

1997.7.18 --- ハワイの樹木とえば、日立のCMに使われている「この樹なんの樹」のモンキーポッドですが(車窓から観ました、豆科だそうです)、旅行で驚いたのはマウイ島などで知ったバニヤンツリーですね。菩提樹の仲間で、横に広がり垂れ下がった根が地面に…

ハワイ観光

1997.7.17-22 ワイキキビーチからダイヤモンドヘッド(マウイ島) --- 9月に入りましたが、気分はすぐれませんな。この夏は外出自粛、あまりに暇なので、古いネガを探し、楽しかったあの頃を思い出すばかりでした。しばらく、こうしたシリーズがブログで増え…

中国観光・中國東方航空

2011.11.21 虹橋国際空港 --- 中國東方航空は、年間旅客量一億人以上で世界七番目の規模の航空会社、1988年誕生。

中国観光・豫園

2011.11.21 --- 豫園(よえん)は、16世紀中頃に造営された庭園で、役人・潘允端が父親のために贈ったと云う。 龍壁

中国観光・上海

2011.20 「日曜日の夕方で道路は大混乱、バスの前で救急車と乗用車が接触事故、運転していた女性の嶮しい声が響く。」 --- 2011.11.21 「月曜朝の通勤ラッシュ、ホテルを出て黄浦江東岸へ向かう」

中国観光・蘇州

2011.11.20 --- 蘇州は上海の西約70キロ、絹織物で発展してきた街。水運の地で運河に沿った山塘街の町並みが楽しい。活力がありますな---今は亡きバタやんが好きだった「蘇州夜曲」は、李香蘭と長谷川一夫が共演した戦中の映画『支那の夜』の劇中歌。西條八…

中国観光・寒山寺

2011.11.20 --- 寒山寺は蘇州旧市街の西にある臨済宗寺院。六世紀前半の創建、寒山拾得の故事で知られ、小生には曾我蕭白の『寒山拾得図屏風』で親しい。鐘楼にあがり鐘を撞いた。 --- 唐の楼閣式仏塔を模した普明宝塔(1995年12月建立)

中国観光・留園

2011.11.20 留園(りゅうえん)は1593年創建の蘇州にある古典園林で1997年世界文化遺産。園林の規模が大きく多種多様な建築物、奇石、亭台、古木などで名高い。 --- 留園路

中国観光・外灘

2011.11.19 --- 拙宅では外出自粛の日々。いつまでもこれを続けては心に悪い、なのでブログだけでもと気分転換。2011年11月・友人と遊んだ上海・蘇州観光を振り返りたい。外灘(バンド The Bund)は、阿片戦争の後から第二次大戦期・上海中心部に存在した外国…

飛行時間11時間22分

2019年6月1日 --- ヒースロー国際空港 --- 関西国際空港 --- バーチャル 二カ国巡りも本日で打ち止め、明日からはリアルな京都に戻りたい。

早朝ブラパチとお買い物

2019年5月31日 --- ケンジントン・ガーデンズ --- ハイストリート

テートモダン見学

2019年5月30日 --- オリンピア ---

終日降雨

2019年5月29日 --- バース --- ウィンザー

ルートM6

2019年5月28日 --- ストーク・オン・トレンド --- バイブリー