夢の漂流物を読み始める。

みすず書房刊(2006.8)の白倉啓彦著「夢の漂流物」を開く。興味深い話題と鋭い批評眼でぐいぐいと引き込まれる。