祈り

f:id:manrayist:20190417113834j:plain

ノートルダム大聖堂内陣 2006.3.10

----

以前、わたしは「近年の清掃工事で長年の汚れが落ち、見違えるように白くなった外見と内陣の暗闇、その中でゆれるロウソクの炎が心にしみる。」(136頁)と書いた。合唱。

 

f:id:manrayist:20190417113849j:plain

拙著『青い言葉と黒い文字』(銀紙書房、2006刊)、21.6×14.7cm pp.178 

---

モン・サン・ミッシェル」がフランスのアイデンティティの象徴であるとしたら、ここは国家の原点であるといえる。美しい聖堂が刻む歴史の行方とは。」(137頁)