雪花の舞 by 美濃忠

f:id:manrayist:20211117090111j:plain

f:id:manrayist:20211117090122j:plain
 先日、帰省した折、美濃忠の銘菓『雪花の舞』を土産品に求めた。同社の直営店くに親戚が住んでいた事もあり、長く親しんできた故郷の味、あまーい、お砂糖まみれの玉子餡。舌触りが独特ですな、いや、これは解りやすい範疇なのかしら、ずいぶん、小ぶりになりましたが、故郷の味は身体に優しい。

---

f:id:manrayist:20211117090143j:plain

---

f:id:manrayist:20211117090157j:plain

f:id:manrayist:20211117090205j:plain
 美濃忠の創業は安政元年(1854年)と云うから、160年を越えての和菓子屋さん。初代尾張藩徳川義直名古屋城入府の際、駿河から同道した尾張藩の御用菓子屋・桔梗屋の流れをくんでおられるとか。名古屋は芸事や茶事の盛んな土地柄、地元でしたから許されるだろうけど、和菓子も腹持ちがよろしおすな(ハハ)。