『ナジャ、 シュルレアリスムの道程』展 at ルーアン美術館

カタログ 26×19cm 272pp.

● フランス北西部ノルマンディーの都市ルーアンの美術館でアンドレ・ブルトンの著作『ナジャ』に焦点を当てた展覧会が催されている(6月24日〜11月6日)。近年の研究状況を反映してブルトンの前に現れた妖精レオナ・デルクール(1902-1941)の物語を示すための展示といえる。わたしは10代の後半に『ナジャ』を読んで魅了され、シュルレアリスムに導かれた者の一人。作品(オブジェ)の複製や写真(街路と人物)によって「物語」が現実に起こったと証明され興奮したのを覚えている。二人における1926年10月4日〜13日の出来事が、「絵画、彫刻、素描、文書、オブジェ、写真」を展示することで肉付けされ、心の動きがより具体的に明かされている。今展はシュルレアリスム宣言が発表されてから100年経つのを記念する企画の一つだと云う。

 

 

HPから引用

HPから引用

---

 

 ヴェロニク・ベルゲンは、「医学的な訓練と精神病理学の経験を積んだブルトンは、若い女性のような脆弱な存在に対して無意識を探求することの危険性を知っていたのだから、ナジャ/レオナ・デルクールの軌跡に対する彼の「責任」についての指摘は避けられない。『ナジャ』の文章には自己正当化の跡があり、「空気の精」、つまり今や自由を奪われた「自由な天才」を奪うドラマを前にしたある種の不安感が漂っている」と書いている。

38-39頁

158-159頁

---

 展示はおよそ120点(マン・レイは写真を中心に約9点)、カタログには図版未掲載(約30点)あり。また、『ナジャ』の本文差し込みがあるなど、フランス的エスプリを感じさせる書容設計となっている。

写真集『共同制作 大須』


名古屋電気工業高校写真部 写真集『共同制作 大須』1969年 印画紙24点貼り付け 27.4×19.5cm

---

 昨年、学芸員T氏の尽力によって名古屋市美術館で催された『「写真の都」物語』展。写真行為を運動体としてとらえる独自性によって、写真史のみならず、時代と都市のターニングポイントに、小生が部の仲間たちとともに作った写真集を評価し、置いてくれた。歴史化されるのも、ひとつのありかた。手許での死蔵は良くないので美術館に寄贈させていただくことにした。そのお披露目展があったので、副部長のS氏と二人で観覧(6月24日(金))。展示は『特集 はじめまして! 新収蔵品です。』(4月29日〜6月26日、常設展示室3)。

S氏の「大須」のためのスナップ写真作品(34点展示) これは良いですな…… お披露目は他に海老原喜之助、大島哲以、甲斐庄楠音ら、21点。

 

名古屋市美術館

SDGs トレイン 桂 〜 西院

阪急京都線嵐山線 桂駅

1408(1300系1308編成)

---

SDGsのラッピングトレインは阪急、阪神、東急コラボによる「持続可能な開発目標の普及」を目指す「未来のゆめ・まち号」で2019年5月から運行しているそうです。

 

愛宕山 定点観測

西院駅大阪梅田寄り地下入口扁額「天人併其功」(1931年)

---

西院駅

田原桂一個展 at AMMON KYOTO

7月1日、三条通河原町東入ル南側にオープンしたAMMON KYOTOで、田原桂一の写真展「光と戯れながら」が開催された。1970年代の後半にパリの「窓」シリーズで作品を知ったと記憶する、大阪のMさん、Yさんが熱中していたっけ。

田原桂一は1951年京都市生まれ、2017年没。画廊では8月5日〜9月4日までPart2 ポラロイドシリーズ「陰翳の炸裂」を展示する。

夏の宴 at 東華菜館

8月1日 鴨川 最高気温 37.2度

東華菜館 玄関上部魚介類をモチーフとしたバロックテラコッタ装飾

種々前菜の盛り合せ

カニ入りフカヒレスープ

エビの唐辛子炒め

水餃子

餡入り揚げ餅

四階