庄司達展 at ギャラリー16

f:id:manrayist:20210414210431j:plain

岡崎のギャラリー16で庄司達の個展『<Discover Japan ?> 庄司達・コピーによる作品 1972』が開かれている(17日(土))まで。

 レジメによると「市販の絵はがきを拡大白黒コピー写真に伸ばしパネルに張る、その上に朱色の線を描き加える、対象の形を部分的になぞったり、図柄に関係なく枠組みしたものなど直線や曲線の朱色の線が画面に加えられているのである」「それは既存のものの認識のしかたをどこかクールに打ち破っていたり裏切っていたり……」寺町時代のギャラリー16で展示されたものだと云う。
 朱色の線はまさしく庄司が扱う布、絵葉書好きのわたしは「参った」と思った。72年なら、画廊に顔を出す前になる。発表当初に拝見していたら、どんな展開をわたしにもたらしたのだろうか? タイトル(撮影地など)を転記したくなってしまった。小生ブラパチでの新天地が開けるかもしれない(感謝)。

---

 

f:id:manrayist:20210414210446j:plain

---

 

f:id:manrayist:20210414210459j:plain

『写真の中の赤い線シリーズ』21点

---

「炎上するノートルダム大聖堂」から眼が離せなかった。

南仏紀行-4 スキポール空港

f:id:manrayist:20210401095453j:plain

機内の楽しみは食事の他に、家族や隣り合わせた客同士の世間話と思うが、個別に小さな画面を見ている人達は閉ざされたままである。(19頁)

 

f:id:manrayist:20210401095513j:plain

突然、地上の振動が身体に伝わってきた。十五時〇七分、アムステルダムスキポール空港に着陸。(20頁)

 

f:id:manrayist:20210401095531j:plain

ニースに向かう待合い室は一階で、向かい側のイタリア系らしき十五、六歳の娘達はジャージ姿。人々からは国内線利用の気安さを感じる。(22頁)

南仏紀行-3 シベリア上空

f:id:manrayist:20210401095156j:plain

しばらくして、フライト・トレーディングを見ると(十六時四二分)シベリア上空の表示。高度一〇、六六八メートル、外気温マイナス五八度、飛行速度は時速八五七キロメートル。エコノミークラス症候群が恐いので、後方のトイレ・スペースをうろうろ。窓から地上を覗くと白い世界にくねくねと川の蛇行。地球の自転に逆らい西へ向かって飛んでいるので、ずっと昼間が続いている。(19頁)

 

f:id:manrayist:20210401095213j:plain

f:id:manrayist:20210401095229j:plain

南仏紀行-2 関西国際空港

3月4日(土)

f:id:manrayist:20210401094834j:plain

わたしは助手席に座り前方を見ている。夜明け前の街は暗く、信号の色が溶けている。しばらくすると京都タワーの辺りから東の空が淡い青色に変化し始めた。寒い朝である。(10頁)

 

f:id:manrayist:20210401094855j:plain

売店は小さくなったが、透明性と連続性の原理でもたらされた一・七キロの長大な吹き抜け空間はレンゾ・ピアノ設計。九万平方メートルの連続した屋根の下に、ガラス・フェンスと部材サイズのコントロールによって視覚を運んでいく演出。国際線出発階と到着階の間に、国内線を挟み込むサンドイッチ・コンセプトとなっている。パリのポンピドゥー・センターの設計で知られるこの人は、待合いのベンチにフランスの伝統色から選んだ赤、緑、黄、青、オレンジの配色を使い、軽快なアクセントをもたらしている。(13頁)

 

f:id:manrayist:20210401094940j:plain

飛行機は十時五〇分出発予定のオランダ、スキポール空港行きの八六八便だが大型のフライトボードには十一時十五分と変更表示されている。(12頁)

 

f:id:manrayist:20210401095032j:plain

f:id:manrayist:20210401095055j:plain

お洒落じゃない配色だ。冴えた青じゃなく濁った青、色のバランスからイルカの顔に見えてしまった。機首に「Ferrara City」機体後方にオランダ国旗と「PH-BQF」の表示。垂直尾翼は白地に青で大きくKLMのロゴと王冠マーク。(14頁)

 

f:id:manrayist:20210401095439j:plain

腕時計で確認すると離陸は十一時三五分。機体が陸地を離れる瞬間の浮遊感は気持ち悪いが、不思議な快感でもあった。(14頁)

南仏紀行-1 『青い言葉と黒い文字』銀紙書房 2006年

f:id:manrayist:20210331212150j:plain

『青い言葉と黒い文字』銀紙書房 2006年 限定8部 箱入り上製本 21.5×14.7cm pp.178

---

家人と欧州へ旅行したいと願っているが、コロナ禍終息の兆しがみえなく我慢の日々を過ごしている。幸い時間だけは十二分に持ち合わせているので、15年前に銀紙書房から上梓した南仏旅行記をベースに、本の段階で白黒図版としたものをカラーに戻し、ブラパチの旅を再現したいと思う。まずは、本の装丁など---

 

f:id:manrayist:20210331212206j:plain

上製本、コイン埋め込み装丁。

f:id:manrayist:20210331212220j:plain

 扉と最終頁の二点にカラー挿絵を用いる。当時のパソコン、容量不足でカラー出力に時間がかかるのに加え、頻繁にフリーズする有様で難儀した。

f:id:manrayist:20210331212240j:plain

 旅行日程に合わせ8章で構成。南仏カンヌ、ニース、アルルからロワール、モン・サン・ミッシェルを経てパリへ。同行者とは違い、小生、モンバルナス墓地でマン・レイの墓参りをするのが目的でした。

f:id:manrayist:20210331212254j:plain

まずは、2006年3月4日(土) 夜明け前の京都タワーから(10-11頁)

---

 ブログ新シリーズ「南仏紀行」では、拙著『青い言葉と黒い文字』からの引用を中心に紹介したいと思う。お楽しみください。

ネットバブル

f:id:manrayist:20210407104231j:plain

クリスティーズのHPから引用

---

 4月6日(火)にクリスティーズ・ニューヨークで写真のオークションが催された。アボット、スタインケン、マン・レイ、クライン、ブレッソンメイプルソープなどを含む全88ロット。このセールにはマン・レイの写真で一番有名な『アングルのヴアイオリン』が久方ぶりに出品されると云うのでウォッチしていた。予価で200,000〜300,000ドル。しかし、特別なイメージだとしても葉書サイズで1950年代のプリント。すでにマン・レイはオリジナルのネガを失っていたので複写したものをプリントし裏面に献辞を入れ、友人のダダイストであるハンス・リヒターにプレゼントしたもの、プロミナンスはチューリッヒ古書店を営み、書誌編集者、オークショニア、収集家として知られた故ハンス・ホリガー(わたしも、彼から一点購入している)、なので、成り行きが気にかかっていたのです。本作、ポンピドゥー・センター所蔵品や、ジャイコブスのコレクションと比較すると、印画自体の品質は「いまひとつ」のレベルと思うが、一応は作者生存中の品物、物議を醸すスタンプもないので、まあ、「あっても、良いか」と、わたしなどは判断するのだが(参戦は出来ませんな)。落札結果を確認して驚いた。なんと475,000ドル、6日の外国為替(1ドル 111.29円)からすると邦貨にして52,862,750円、これにクリステイーズの手数料、著作権者への還元、保険料、送料、消費税などを加えると8千万円ほどになるではありませんか。 これは、もう異常、わたしマン・レイのコレクター戦線から完全に撤退いたします。尚、オークションの落札総額は2,193,625ドル(邦貨換算2億4,400万円)、マン・レイを除けば平均落札価格は220万円、これでは、どうにもなりません(トホホ)。

『マン・レイとピカビア』展 at ヴィト・シュナーベル画廊

f:id:manrayist:20210406144911j:plain

画廊のHPから引用

---

 

3月25日(木)から、ニューヨークのヴィト・シュナーベル画廊で『マン・レイとピカビア』展が催されている(5月15日(土)迄)。透明な時代を含むピカビア4点とカリフォルニアからパリに戻る時期・非抽象時代のマン・レイ5点からなる油彩で、両者による架空の対話を試みている。美術潮流に飲み込まれないままの自由な態度は、二人のキャリアによるものなのか、独創的な絵画展開に、新しい世代の鑑賞者は大いなる刺激を受けるだろう。−−−昨今、ニューヨークは遠いけど。マン・レイ作品については、日本に招来されたものも多い。簡単に紹介しておく--- (1)『構成』46×38.1cm 1954年、(2)『女性絵画』127×111cm 1954年---南天子画廊1973年、(3)『陸亀』50.7×61cm 1944年、(4)『非抽象』92×70cm 1947年---セゾン美術館1990年、(5)『テンペスト』45.8×61cm 1948年---伊勢丹美術館1983年、セゾン美術館1990年。

 画廊のプレスリリースには、「絵画が終焉を迎えようとしているにもかかわらず、繁栄し続けている先の時代へと続く橋を暗示しているかのようだ」とある。繁栄ですか、どんな繁栄なんでしょうか。オークションならば遺族に7%の還元なれど、亡くなってしまったマン・レイにもジュリエットにも、分配はされない、祝福もまた。

---

 

f:id:manrayist:20210406144923p:plain

 ニューヨーク クラークソン・ストリート43番地 (2019年6月) グーグルより引用。

桜見物

今年は、存分に楽しませて頂きました。

----f:id:manrayist:20210330220800j:plain

3/10 高辻通河原町西入ル。 

春めき(足柄桜)--早咲きの桜で3月中旬から下旬にかけて咲く。一枝に付く花の数が多く花の色はやや紫がかった華やかなピンク、卒業生を送る桜のひとつ。

 

f:id:manrayist:20210330221713j:plain

3/23 嵐電北野線 宇多野〜鳴滝

f:id:manrayist:20210330221336j:plain

3/25 鴨川・団栗橋

f:id:manrayist:20210330222219j:plain

3/26 祇園・辰巳神社

f:id:manrayist:20210330221454j:plain

3/26 高瀬川

f:id:manrayist:20210330221146j:plain

3/27 天神川

f:id:manrayist:20210330222109j:plain

3/28 壬生寺・一夜天神堂

散る桜、のこる桜も、散る桜 (良寛)

---

f:id:manrayist:20210330221855j:plain

3/29 中京区

f:id:manrayist:20210401071753j:plain

3/31 京都国立近代美術館

f:id:manrayist:20210401071639j:plain

3/31 京セラ美術館

f:id:manrayist:20210402165512j:plain

4/2 壬生寺

f:id:manrayist:20210402165608j:plain

4/2 八木邸

f:id:manrayist:20210404074110j:plain

4/4 中京区

---

諸般の事情から、夜桜見物はしないままに終わりました。

ベルリンに渡った二冊

銀紙書房の絵本シリーズ二冊「マン・レイのスタジオで」と「ジュリエットの贈り物」が、ヤン・スヴェヌングソンのHPで紹介されました。

---f:id:manrayist:20210315080334p:plain

---

f:id:manrayist:20210315080344p:plain

---

f:id:manrayist:20210315080359p:plain

---

 

f:id:manrayist:20210315083900p:plain

上掲したヤンのサイトから

1.「QUANTITY」→「IMAGES」→ 「Books/Catalogues」→ 2021「The Gify From Juliet Man Ray」or 2020「In the Studio of Man Ray」

2.「QUANTITY」→「TEXTS」→ 「TALK」スクロール 「Fabruary 3, 2021 - "Kyoto"」

 

"I am proud and profoundly touched. Teruo is not an artist himself. Nevertheless, he has let his life be guided by his dedication to what one artist did with his life."

有り難い言葉です(恥ずかしいので、原文のまま引用)。

大雄院

f:id:manrayist:20210330211652j:plain

妙心寺塔頭・大雄院を拝観した。同院は1603年創建、尾張藩と縁があり、大雄院建築は家康の後妻となったお亀の方が、家康より賜った伏見の屋敷を移築したもの。客殿の襖絵(稚松図・山水図・滝猿図・唐人物図など)は幕末の絵師(帝室技芸員第一号)、若き日の柴田是真による。保存状態が良く、楽しませていただいた。写真パチリが許されないので残念。

---

f:id:manrayist:20210330211714j:plain

f:id:manrayist:20210330211730j:plain

f:id:manrayist:20210330211746j:plain

襖絵プロジェクト--戦災で消失した明治皇居の広間・千種の間に、柴田是真が描いた天井の花の丸図を、現代の宮絵師・安川如風が襖絵として復元。

 

f:id:manrayist:20210330211803j:plain

禅宗の庭園に池があるのは珍しい。

森の京都QRトレイン

2021.3.20f:id:manrayist:20210321084647j:plainJR嵯峨野線丹波口駅 「WOODLAND KYOTO」ロゴ

---

前日のニュースで、3月13日運行開始となったJRのラッピング電車が紹介されていたが、普通列車一編成のみで運行スケジュールは未定、お楽しみにとの事だったのですが--- なんと、入線してきたではありませんか。

f:id:manrayist:20210321084701j:plain

f:id:manrayist:20210321084715j:plain

 クモハ223-6094

どこへ行きましょう at 坊城通四条下ル

f:id:manrayist:20210227103601j:plain

祇園梛神社

---

 紹介が遅れてしまったが、元祇園梛神社の東側、坊城通を四条から下り嵐電の踏切を超えると、新選組発祥にまつわる舞台として知られる新徳寺(新徳禅寺・臨済宗永源寺派)に至る。1863年、江戸から浪士を率いて入洛した清河八郎が本堂で「尊皇攘夷」に投ぜよと大演説をし、これに反発した芹沢鴨近藤勇らが新たに浪士組(後の新選組)を結成したと云う。

 

 さて、健康散歩でカメラ片手にブラブラ見上げると、本堂の屋根は公家風の「照り起くり」で中腹はなだらかな山、左右に流れた両端がそりかえる構造になっている。そこに瓦猿が居るではありませんか、子授け・安産祈願の縁起もの。抱えている「桃」は子供を表しているとか。望遠モードでパチリ、パチリ----二ヶ月前の午後です、

f:id:manrayist:20210227103617j:plain

瓦猿

f:id:manrayist:20210227103630j:plain

新徳禅寺 2月13日(土)