2日 くじ取り式・鯉山

京都文化博物館 展示

---

 京都に来た年(1972)から「鯉山」を気に入ったのは「難関を突破して立身」したかったのですな。ほんと、世俗的な我が身にあきれます。重要文化財に指定されているベルギー製のタピストリーに見とれますが、山の飾りである木彫の鯉も迫力あふれ、左甚五郎作と伝えられ、1650年頃の檜が使われている。お祭りが始まります。

鴨川

---
 今年の後祭巡行は、橋弁慶山→北観音山→浄妙山→鯉山鈴鹿山→南観音山→役行者山→黒主山→八幡山→鷹山→大船鉾。鷹山も登場、これはすごいぞ!

祇園祭・吉符入り


14.1 × 9.1 cm 長刀鉾

---

 この夏の祇園祭は、三年ぶりの山鉾巡行、神輿渡御、宵山開催と予定され、本来の疫病退散の神事に我々も親しく参加できる様子となった。今年は特に約190年もの間、居祭りを続けてこられた後祭の曳山である「鷹山」が巡行に参加されることで、小生の期待は最高潮となっている。鷹匠、犬飼、樽負の御神体を飾り都大路を進む姿に涙すること間違いなし。昭和の菊水鉾の時は知らないが、平成の凱旋船鉾、令和の鷹山、二つの復活に立ち会える幸せ、祭り好きには、こたえられない。酷暑でも懸装品、拝見するのが楽しみ、露天も準備されると聞く。

六月三十日 夏越祓

茅の輪くぐり 7:06

六月三十日 夏越祓

---

蘇民将来子孫也「家内安全、無病息災、疫病退散」13:07

 

 小生、この半年も煩悩にまかせるままの生活で穢れておりました。そんな訳で氏神さまに朝早くお参りし身も心も清め、帰宅してミニ茅の輪つくり。後半戦も乗り切りたい。

ミシェル・レリスの三冊

---

恐るべし ルパンの学識、ヘリングの品揃え。

 

 


『ゲームの法則 ビフェール』岡谷公二訳 筑摩書房、1995年


ピカソ ジャコメッティ ベイコン』岡谷公二訳 人文書院、1999年


デュシャン ミロ マッソン ラム』岡谷公二訳 人文書院、2002年

『写真史家・金子隆一の軌跡』at MEM


案内状 21×14.8cm

---

 2021年6月30日に亡くなられた金子隆一さんの半生を紹介する展覧会が恵比寿の画廊・エムイーエムで明日28日から7月31日迄まで開かれる。詳しくはホームページで

https://mem-inc.jp/2022/05/12/kaneko_jp/