Palms, Santa Barbara, California

13.6 × 8.8 cm --- マン・レイがサンタバーバラの美術館で『油彩とレイヨグラフ』の展覧会を開催したのは1943年9月だった。

祇園祭・放下鉾

子結棚町会所(放下鉾) 京都市登録有形文化財 天井幕 四季草華図(原画・柴田是真) --- ● 朝8時、蝉が鳴いている。曇り空、テレビで巡行観覧の予定、粽を飾るのは、そのあとになりますな。── 今年もネット購入、控えには「向暑のみぎり長刀鉾のご縁をもちまし…

戦前・レストラン矢尾政(現・東華菜館)-3

8.4 × 13.6 cm---

戦前・レストラン矢尾政(現・東華菜館)-2

8.9 × 13.9 cm--- 5月の勧業館で戦前・矢尾政の絵葉書を幾枚か求めた。長く探していた絵柄なので嬉しい。夕暮れの四条通、機会があれば菊水のビヤガーデンにも登ってみたい。テレビの夕方に放送されるお天気情報は、この場所設置の定点カメラですな。昨夜の…

戦前・レストラン矢尾政(現・東華菜館)-1

8.5 × 14.1 cm--- 四条大橋から西を望む。通り北側に牡蠣料理店矢尾政を確認、アサヒビールの看板がよろしいですな。

マルセイユ

マルセイユの中心部カステラーヌ広場にある、カンティーニの噴水。ウィキによれば1911〜1913年にかけてアンドレ・アラーによって制作された海に向かってマルセイユの像、プロバンスの川と地中海を表する噴水。京都も熱波が続きます。

祇園祭・吉符入り

14.1 × 9.1 cm 長刀鉾 --- この夏の祇園祭は、三年ぶりの山鉾巡行、神輿渡御、宵山開催と予定され、本来の疫病退散の神事に我々も親しく参加できる様子となった。今年は特に約190年もの間、居祭りを続けてこられた後祭の曳山である「鷹山」が巡行に参加され…

アングル『泉』

蒸し暑いですな

ニース 1933

暑いですな……

ヴェルダン 1916年

ヴェルダンはルクセンブルクなどのドイツからパリに続く街道の要所にある要塞都市で、第一次世界大戦の激戦地とし知られる。フランス軍を消耗戦に誘うためドイツ軍が1916年2月21日奇襲攻撃を開始。12月までの戦いで、フランス軍362,000人、ドイツ軍336,000人…

無題

ロンドン 2019年 --- エリザベス女王即位70周年、「プラチナ・ジュビリー」を祝う人々の映像がテレビから流れています(6/2-5)。大英帝国の栄光、これもまた複雑な光景ですな。 9 × 14.1cm

石川寅治『雨の日』1942年

14.2 × 9.1 cm --- 石川寅治は1875年高知生まれ。洋画を学び1891年上京、太平洋画会に参加、1901年には第1回文展出品、1902〜04年と欧米巡歴。文展、帝展、新文展、日展と一貫して官展で活躍。東文研のデータベースによると「初期には婦人像が多かったが、の…

菊本直次郎宛絵葉書

2月の交換会で、ロンドンの王室騎兵隊司令部のあるホワイト・ホールの絵葉書を求めたのは、絵柄への興味以上に宛先が「菊本直次郎」とあるからだった。銀紙書房本の読者の方であれば『三條廣道辺り』(2011年刊)で言及した中西武夫の実父の名前だとピンとこら…

夏になりますな。

8.9×13.8cm --- レッチベルグ線はスイスの山岳鉄道でスイスアルプスを南北に貫きベルンとブリークを結ぶ、1906年から始めたが事故続きの難工事で完成は1913年。 8.8×13.7cm --- ポートサイドはエジプトのカイロから北東約200キロに位置するスエズ運河北端の…

アングルのヴァイオリン  16億円

上掲は拙宅での『アングルのヴァイオリン』オマージュ展示(4-5月)。ポスターと絵葉書二種。ヴインテージのゼラチン・シルバー・プリントを紹介なんてのは不可能です(ハハ)、 --- 14日にクリステイーズ、ニューヨークで催されたロザリンド・ジェイコブス旧蔵…

『優しいジュリエット』ときの忘れものブログ

彼は「ナチスから逃れてきたばかりで、とても寂しそうでした」とジュリエット。 POSTCARD 15.3×10.5cm 図10 ジュリー,1971 エッチング・アクアチント --- 昨日迄の一ヶ月にわたり本ブログを長野旅行の話題としてしまった。これほど長く続けるつもりはなかっ…

21(木) タイムスリップ

善光寺本堂 2022年4月21日 1707年再建の橦木造り(屋根の稜線がT字を描くため)、裳階による二重屋根 国宝 --- 善光寺本堂CARTE POSTALE 9×14.1cm --- 善光寺仁王門 2022年4月21日 --- 善光寺仁王門 1752年創建、1847年(善光寺地震)焼失 1864年再建1891 年焼…

20日(水) 『マン・レイと女性たち』展 報道内覧会

城山公園 葉桜になっております。 --- 今回の長野旅行は昨夏、東京渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催された『マン・レイと女性たち』展が中国へ巡回した後、日本に戻り長野県立美術館で開催されるタイミングに合わせ報道内覧会(4月20日 10時〜11時30分…

朝熊山登山電車・鋼索線

前回につづいて朝熊山登山電車。パスしていたケーブルカーの絵葉書を、買いに走りました、バカですね。 朝熊山ケーブルカー(電車ノ三) 14.2 × 9.1 cm --- 三重県総合博物館の資料によると、「通常は、朝7時から夜7時までほぼ15分おきに運転されて」いました…

朝熊山登山電車

朝熊山登山電車起点楠部口 14.2 × 9.1 cm --- 伊勢参りの観光地、朝熊岳の金剛證寺参拝のために敷設された朝熊山登山電車は1925年鉄道線(楠部 - 平岩間4.3キロ)と東洋一の急勾配となる鋼索線(ケーブルカー、平岩 - 朝熊山1.1キロ 、MAX625‰)で開業。── …

はい、こっち向いて

13.8 × 8.5 cm ca.1900 --- 平和を願う。2022.2.24 ─

モスクワ・パシュコフ邸

昨日の健康ライドで入手した絵葉書。絵柄はクレムリンを望む丘の上に建つ新古典主義様式のパシュコフ邸。貴族ピョートル・パシュコフによって1784-86年に建てられ、19世紀にはモスクワで最初の公立博物館(ルミャンシェフ博物館)として使われた。── 現在は、…

日本宛葉書

ロンドン投函日本宛葉書 2019年 エルンスト夫妻宛葉書 マン・レイ夫妻とパトリック・ワルドベルグなどの寄せ書き 1952年 ドロテア・タニング展 at テイト・モダン、2019年

南仏から

MENTON La Baie de Garavan --- 2006年3月にエズの土産物屋で求めた同地の絵葉書二枚。マントンはイタリアと隣接するコートダジュールの有名な観光地、名産はレモン、絵葉書では鉄路とガラバン湾を望む。アンティーブはマントンの南西、カンヌ側でマン・レイ…

新橋芸者・栄龍

14 × 9 cm --- 先日、絵葉書の交換会に参加してゲット。新橋芸者の栄龍さんは大正時代の女学生ブームの中で、美人として超有名なお方。「日露戦争の後に、三越百貨店が売り出した元禄模様のモデルをされた」そうです。清楚な様子が良かったのでしょうね…… 小…

初夢は『マン・レイ展』at ☓☓☓☓

拙宅 マン・レイ小展示 --- 本年は大規模な展覧会に、手許のマン・レイ作品とエフェメラ類を提供する予定。いろいろ準備をしなければならない。昨今のマン・レイ・ブームにごした展示ができるのか、学芸員の頑張りに期待しているところである。この詳細は適…

令和四年元旦

明けましておめでとうございます。 旧年中は本ブログ「マン・レイと余白で」にご訪問くださり有難うございました。本年も皆様のご健康とご健勝を心より願っております。情報交流がフェースブック、インスタグラム、ツィッターへと移っていく中、こうして毎日…

モンマルトル大通りのお嬢さん

9.1 × 14.1cm --- 14.2×9.1cm --- 巴里絵葉書の消印も宛先も判読できないが、石井柏亭描く、このようなお嬢さんを想像するのは楽しい。画家の欧州外遊は1912-1913年、絵葉書の『緑衣』は第18回の二科美術展覧会(1931年)出品作と云う。 2021年4月のグーグル・…

戦前ベルリン 絵葉書-2

ベルリン ウンター・デン・リンデン フリードリッヒ通り --- ベッカイペルケオのご夫婦が修行したハイデルベルグはフランスに近い。上掲したベルリンへは、現在の特急電車でおよそ5時間半、戦前の所要時間は、などと思いつつ、味も変わるのだろうなと思う。…

絵葉書 「Hoe kom ik er over」

14×8.9cm --- もちろん、朝方紹介した長楽館つながりでの、エロッティックな一枚。右上の文言「Hoe kom ik er over」を自動翻訳でくぐると、デンマーク語で「どうやって、乗り越えたらよいかしら」、もちろん「お手を、お貸ししますよ」。25日の絵葉書と同じ…