カーニバルの街でマン・レイ展があった。

    • -

先日、部屋のポスターを変えたので、ヴェネツィアの画廊カヴァッリーノのエフェメラを紹介したい。マン・レイ展が開催されたのは1970年9月5-23日、70年代後半に画廊へ当時の展覧会資料が残っていないかと問い合わせ、案内状などを取り寄せた(カタログ・テキストはハンス・リヒターが執筆)。『無限の人』を使ったポスターの方は、その後、入手した。先程から気楽にグーグルで現在の様子を確認しようとしたのだが、サン・マルコの1725番地であるものの道が狭く入り組んでよくわからない。見当をつけながら、画廊からエフェメラと共に『道標』と題した金属製の仮面の写真も送られたのを思い出した。ヴェネツィアと云えば、カーニバルの仮面を連想する。このような街でのマン・レイ作品展示、47年前は、どんな様子だったのだろう。